『ノートルダム物語』学校公演 詳細

  学校公演(芸術鑑賞事業)として『ノートルダム物語』に興味を持っていただき、ありがとうございます。
  このページでは「公演までの流れ」をまとめております。
  是非ご参考の上、公演をご検討ください。

  『ノートルダム物語』あらすじはコチラ

 
※この映像は平成22年度公演のものです。
 出演者はスケジュール等の都合により
 変更になる場合があります。
■芸術鑑賞においての『ノートルダム物語』のススメ
 
悲劇で終わらない物語
  ヴィクトル・ユゴーの原作では悲劇的なラストを迎えていますが、ショーマンシップの『ノートルダム物語』は、
希望に満ちたハッピーエンドです。観劇後の爽快感と感動を味わっていただけます。

 
人権や命の大切さ、一歩踏み出す勇気について考える
  様々な差別や偏見に苦しむ登場人物達が、真剣に生きることを模索していく姿を通しながら「力いっぱいに生き
抜くことの大切さ」や「未来へ踏み出す小さな勇気」を肌で感じ取っていただけます。
       

 
華やかで動きのある、飽きのこないステージ演出
  オリジナルの歌やダンス、舞台の上をところ狭しと繰り広げられるアクションシーン、
大道芸(ジャグリング)やパントマイムを盛り込み、華やかで動きのあるステージです。
物語の奥深さと共に、目と耳で楽しめる演出にも工夫を施しております。飽きさせません!

 
生徒さんや先生も舞台に参加できます
  男女合わせて最高で8人まで参加可能です。
心に残る、印象深い芸術鑑賞を学校と劇団が一緒になって創り上げることができます。




  ■公演までの流れ
    公演までの流れ
       ※下見等の時期はスケジュールの都合により変動する事があります。ご了承ください。

  ■体育館での公演の場合の舞台設置、生徒さんの着席に関して
  体育館ステージの前にせり出す形で舞台を設置します。(横幅は体育館の幅に合わせ調整できます)
  せり出した舞台の奥行きは、床の集音マイクまでの距離(約8m)を空けて着席願います。
   『ノートルダムj物語』舞台断面図
        『ノートルダム物語』体育館舞台写真@ 体育館舞台写真A ※別窓が開きます
。      ※後ろからでもよく観えるように、基本は床に座っていただいての観劇になります。
      (式典等との合同で行うために、椅子に座っての観劇を希望する場合はご相談ください)


            
「ノートルダム物語」概要
上演時間 1時間40分(休憩なし)
出演者数 キャスト/16名  スタッフ/5名
上演会場 体育館 及び ホール
設営時間 体育館/4時間 ホール/4時間30分
撤去時間 1時間(体育館、ホールともに)
スタッフ 原作/ヴィクトル・ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』
脚本・演出・美術/市岡洋
音楽/山浦弘志  振付/近藤勇人 
パフォーマンスコーディネイト/TENSHOW  殺陣/屋宜一隆
舞台美術/ジャンクランド
公演実績 ○平成18年度 文化庁巡回公演事業
     「本物の舞台芸術体験事業」に採択
○平成22年度 文化庁巡回事業
     「子どものための優れた舞台芸術体験事業」に採択
○平成23年度〜25年度 文化庁巡回公演事業
     「次代を担う子どものための舞台芸術体験事業」に採択
○平成26年度 文化庁巡回公演事業
     「文化芸術による子供の育成事業」に採択
  ※尚、1日2回公演の場合は1回目と2回目の間に1時間以上空けてください。



<< 前のページに戻る

園・学校公演 巡演作品

公演作品ラインナップ

芸術鑑賞

Showman's LINK

劇団公式ブログ

 劇団公式ブログ

俳優みんなでブログを更新中!公演や稽古の様子をお伝えします。

ネットラジオ
『2人打ち上げ!』

 ネットラジオ

栗野直樹・井上京介によるネットラジオ『2人打ち上げ!』

劇団スケジュール

 劇団スケジュール

現在公演決定済みのスケジュールです。
※随時更新中!

ユーストリーム配信番組「トシボウズ」

 トシボウズ

座長・仲谷一志が中心になりお送りするネット配信番組。

劇団公式グッズ

 劇団グッズ

劇団公式グッズを発売中!

LINK

 LINK

お世話になっている団体さんへのLINKです。

 甘棠館

ショーマンシップが拠点としている劇場。様々なイベントにも使用されています。

Showman's Twitter

アクセス・お問い合わせは

ショーマンシップ ロゴ
 *アクセスマップ