ミュージカル『星とあるいた白象』学校公演 詳細

  学校公演(芸術鑑賞事業)として『星とあるいた白象』に興味を持っていただき、ありがとうございます。
  このページでは「公演までの流れ」をまとめております。 是非ご参考の上、公演をご検討ください。

   『星とあるいた白象』あらすじはコチラ

【星とあるいた白象】ダイジェスト映像
 ※出演者はスケジュール等の都合により
 変更になる場合があります。
   ■芸術鑑賞においての『星とあるいた白象』のススメ
  歴史を学び、日本文化を楽しむ。
  江戸時代に実際に起きた史実をもとに描いたお芝居です。長崎街道の歴史に触れながら、当時の日本の雰囲気を
お楽しみいただけます。また、日本の歴史劇を長年上演している当劇団だからこそできる「日本舞踊」を取り入
れたオリジナルのダンス(和と洋のコラボレーション)など、随所に見られる日本独特の所作にもご注目いただ
けます。

  心を通わせることの大切さを知る。
  国の違いによる言葉の壁や、気心の知れた相手なのに上手く気持ちが通わない・・・など、この物語
の中には、「気持ちが通じない」ことへのジレンマを感じている登場人物が出てきます。
誰しも一度は経験したことのあるこの思いを、どう解決していくのかを観劇しながら考えさせます。
     『星とあるいた白象』感想抜粋

  主人公の成長が「物づくりへの気持ちのあり方」を感じさせる。
  主人公の喜兵衛は、物語の中で食料となる餡ヌキ饅頭をつくることになります。いい加減な気持ちで
つくった饅頭は象も食べてくれません。自信を失う喜兵衛。 そこから物づくりに対する考え方を改め、
懸命に物づくりに挑みます。
主人公の心の成長を通して、物を生み出すことへの気持ちのあり方を伝えます。

  歌・踊り・大道芸・笑いで飽きさせない!
  お芝居を集中して観ていただくためにもテンポの良い展開を意識。歌や踊りを様々なシーンに散りばめ、
ミュージカル劇ならではの賑やかさを感じさせます。また、大道芸やお笑いシーンを取り入れることで飽きの
こないお芝居になっています。

  生徒さんや先生も舞台に参加できます
  心に残る、印象深い芸術鑑賞とするために、生徒さん・先生方の劇への参加も可能です。
学校と劇団が一緒になって創り上げることができます。
※参加を希望される場合は、事前にご連絡ください。

     『星とあるいた白象』体育館舞台写真@ 体育館舞台写真A ※別窓が開きます。
     ※後ろからでもよく観えるように、基本は床に座っていただいての観劇になります。
      (式典等との合同で行うために、椅子に座っての観劇を希望する場合はご相談ください)


  ■公演までの流れ
    公演までの流れ

         
「星とあるいた白象」概要
上演時間 1時間10分(休憩なし)
出演者数 キャスト/12名  スタッフ/3名
上演会場 体育館 及び ホール
設営時間 3時間(体育館、ホールともに)
撤去時間 1時間30分(体育館、ホールともに)
原作 橋本賢作『将軍さまと白象くん』より
スタッフ 脚本/生田晃二  演出/仲谷一志  音楽/山浦弘志
振付/近藤勇人 美術/市岡洋  照明/黒江昭治  
舞台制作/ジャンクランド
企画・制作 (有)ショーマンシップ
長崎街道筑前六宿開通400年記念事業実行委員会

<< 前のページに戻る

園・学校公演 巡演作品

Showman's LINK

劇団公式ブログ

 劇団公式ブログ

俳優みんなでブログを更新中!公演や稽古の様子をお伝えします。

劇団スケジュール

 劇団スケジュール

現在公演決定済みのスケジュールです。
※随時更新中!

ユーストリーム配信番組「トシボウズ」

 トシボウズ

座長・仲谷一志が中心になりお送りするネット配信番組。

劇団公式グッズ

 劇団グッズ

劇団公式グッズを発売中!

LINK

 LINK

お世話になっている団体さんへ飛べ!

 甘棠館

ショーマンシップが拠点としている劇場。様々なイベントにも使用されています。

Showman's Twitter

アクセス・お問い合わせは

ショーマンシップ ロゴ
 *アクセスマップ